HOME>トピックス>蓄膿症や腎臓病や口臭予防や便秘の改善などに役立つ

目次

カナバニンやコンカナバリンAにウレアーゼ

健康にいいということで非常に人気のあるなたまめ茶は、なた豆を乾かして焙じて作ったお茶です。なた豆はサヤが大きく漢方薬として昔から使われてきています。そして赤なた豆と白なた豆があり、どちらもなたまめ茶の原料として使用されています。それからカナバニン、コンカナバリンA、ウレアーゼなどの成分が含まれていて、カナバニンは血流をよくしたり免疫力を向上させたりする効果があります。コンカナバリンAはレクチンの一種でがん細胞の細胞死を誘導する働きがあります。そしてウレアーゼは尿素を分解して二酸化炭素とアンモニアに生成する作用を持っています。なたまめ茶の効能としては、蓄膿症や腎臓病や口臭や便秘などです。

ノンカフェインで安心

なたまめ茶は甘くてノンカフェインであり、子供からシニアまでどなたでも飲むことができる茶です。しかし飲みすぎると体調不良を起こすこともあるのでほどほどにすることです。そしてなたまめ茶を選ぶなら、安全な日本製がおすすめです。日本で作られたものは農薬が使われておらず、品質管理も徹底しているからです。

公式サイトで購入するとお得

なたまめ茶には黒豆、桑の葉、ハトムギなどがブレンドされてる商品もあるので、なた豆だけのお茶が合わない人におすすめです。またリーズナブル価格の商品も多く500円ぐらいから3000円前後で購入することができます。ドラッグストアで販売していますが、公式サイトから購入するとお得です。

広告募集中