負担が少なく利便性が高い

サプリ

健康診断でLDL(悪玉)コレステロール値の値が高いと診断された人は、動脈硬化症のリスクが高いこととなります。そのまま放置しておくと、心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる大病から、高齢になって認知症になるリスクなどを負っています。そのため、LDLコレステロール値が高いと診断された人は、早いうちからLDLコレステロール値を下げるように心がけなくてはなりません。その方法は主に食生活の改善であり、肉や揚げ物の多い食事から魚や野菜・海藻などをメインとした食事に移行していく必要があります。ただし、急に食事の内容が変わってしまうと戸惑いと不満などが強いために、途中で断念してしまう人は決して少なくありません。そこで人気となっているのが第三類医薬品のヘルスオイルです。これはLDLコレステロール値を下げたり、末梢血管の循環の促進、血管強化作用などが期待できる医薬品となっています。服用するだけで効果が期待できるため、厳しい食事制限に耐えられないと悩んでいる人にこのヘルスオイルはおすすめです。さらに、第三類医薬品に分類していることから分かるように、安全・健康上のリスクが比較的低いため安心して利用しやすいですし、コンビニやネット通販でも購入できるため入手しやすく利便性が高いです。このように、ヘルスオイルの人気は、その利用しやすさもその一つだと言えるでしょう。

食事改善のときに利用しよう

サプリ

ヘルスオイルはLDLコレステロール値を下げる効果が期待できるため、厳しい食事改善をしないままで適正値に戻すことが期待できます。そこで「食事改善しなくてもヘルスオイルを利用していけばいい」と思われるかもしれません。でも、あくまでこれはLDLコレステロール値を下げるためのサポートをしているだけに過ぎず、頼り過ぎるのは決して良いことではありません。この正しい利用の仕方としては、従来の乱れた食生活から正しい食生活へと少しずつ少しずつ改善していくことになりますが、そのときもLDLコレステロール値が高いままなのです。そのため、食生活の改善移行をサポートするためにヘルスオイルを利用することとなり、その用法・用量は、成人で1日3回食後に2カプセルずつを服用するだけで大丈夫です。そして、食生活が改善された後にLDLコレステロール値が改善されたら、ヘルスオイルを少しずつ控えていくこととなり、最終的に利用しないで済むようになります。

広告募集中